Akiyama Music 秋山音楽事務所
TEL 03-3369-0616 FAX 03-3369-3763

マネージャー通信

 会社概要 お問い合わせリンクサイトマップ

ホーム >

マネージャー通信

過去のマネージャー通信はこちら > >

2017年6月28日 田川寿美 「心化粧」発売♪

田川寿美のシングル
「倖せさがし」以来、メジャー調の演歌作品となる今作は、作曲家:幸耕平による、田川寿美本人の持ち味を十分に活かした作品。

作詞 さいとう大三  作曲  幸耕平 編曲  前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2017年6月21日 若山かずさ 「俄か雨」発売♪

若山かずさのシングル。
全国のカラオケファンに愛唱され、ロングセラーとなっている「蛍火の恋」からちょうど1年
若山かずさのNEWシングル。作詞は菅麻貴子、作曲も田尾将実を再度起用。前作で確立した、若山かずさの可愛らしい世界観を表現。

作詞 菅麻貴子  作曲  田尾将実 編曲  伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2017年6月21日 みずき舞 「港の雨は女の涙」発売♪

みずき舞のシングル。
全国規模のコンクールで選出されたドラマチックな歌謡演歌
そして、ほのぼのと口ずさみたくなるしあわせ演歌の最優秀曲2曲をシングルリリース!
日本音楽著作家連合主催第31回
藤田まさと記念 新作歌謡作品コンクール グランプリ受賞作品。

作詞 古川悦子  作曲  村田耕一 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年6月14日 山川豊 「黄昏」発売♪

山川豊のシングル。
「螢子」「再愛」と好セールスが続いている山川豊の『純愛』シリーズ。
第3章となる今作は、男の切なさを山川豊の魅力ある歌声で表現。

作詞 原文彦  作曲  叶弦大 編曲  丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2017年5月31日 細川たかし 「縁結び祝い唄」発売♪

細川たかしのシングル。
嫁ぐ娘に向けた父の想いを歌った、細川たかし独特の艶っぽさと優しい語り口が新鮮な楽曲「縁結び祝い唄」
細川たかし版『王将』とも言える力強さと明るさが特徴的な人生歌「人生夢将棋」を収録した両A面シングル!

作詞 さとうしろう  作曲  増田空人 編曲  前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2017年5月24日 渥美二郎 「涙色のタンゴ」発売♪

渥美二郎のシングル。
演歌流しのキャリアが50年に及ぶ“渥美二郎”。
待望の作品は“タンゴ”をフューチャーした楽曲。
昔を知る人には懐かしい、知らない人には新鮮なリズムとバンドネオンアレンジのダンス音楽の魅力を、業界にタンゴブームを巻き起こすべく、渥美二郎らしい実直な歌唱でアピール。

作詞 桜井幸介  作曲  千寿二郎 編曲  武井正信

▲ページの先頭に戻る

2017年5月24日 北見恭子 「おんな夢」発売♪

北見恭子のシングル。
「女の旅路」がロングセラーを続ける北見恭子のシングル。
今作も演歌ファン、カラオケファンが満足する“北見節”が堪能できる楽曲。

作詞 喜多條忠  作曲  田尾将実 編曲  伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2017年5月10日 西尾夕紀 「里の恋唄」発売♪

西尾夕紀のシングル。
西尾夕紀のデビュー25周年記念曲。
今作のテーマはずばり<ふるさと>。デビュー以来続けてきた“青森出身の演歌歌手”としてのイメージをしっかりと踏襲した作品。

作詞 幸田りえ  作曲  幸斉たけし 編曲  石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2017年5月10日 市川たかし 「おんな傘」発売♪

市川たかしのシングル。
文化放送主催“走れ歌謡曲”40周年オーディション企画の優勝者・市川たかしによる1年7ヶ月ぶりとなる通算6枚目のシングル。

作詞 千倉安稀  作曲  幸耕平 編曲  丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2017年5月2日 水森かおり 「早鞆ノ瀬戸」発売♪

水森かおりのシングル。
2016年DAM年間カラオケランキングで年間2位となり、ロングヒットを記録した「越後水原」に続くシングル。
新たな舞台は北国・越後から一路西へ。本州最西端の地・山口に舞台を移して、新たな女のひとり旅が始まる。

作詞 たきのえいじ  作曲  弦哲也 編曲  前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2017年4月19日 新沼謙治 「たろうの初恋」発売♪

新沼謙治のシングル。
カップリングは「たろうの郷愁」たろうシリーズ。都会に出てきた男の想い出と郷愁

作詞 前田たかひろ  作曲  幸斉たけし 編曲  石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2017年4月19日 村木弾 「都会のカラス」発売♪

村木弾のシングル。
船村徹 最後の内弟子、村木弾待望のセカンド・シングル!舟木一夫作詞/船村徹作曲による作品。
都会で夢を追いそして故郷を恋しがる、男の生き様を歌にした魅力的な楽曲。

作詞 舟木一夫  作曲  船村徹 編曲  蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2017年4月19日 永井みゆき 「蛇の目小紋の女」発売♪

永井みゆきのシングル。
どこか愁いを帯びた声で女性の儚い心情を歌い独自の世界観を作り上げてきた永井みゆき
今回、新たな境地への挑戦となる意欲作。作詞を師であるたかたかし、作曲は平尾昌晃が担当

作詞 たかたかし  作曲  平尾昌晃 編曲  若草恵

▲ページの先頭に戻る

2017年3月22日 市川由紀乃 「はぐれ花」発売♪

市川由紀乃のシングル。
NHK紅白歌合戦に初出場を果たし「心かさねて」で日本作詩大賞優秀作品賞、日本有線大賞有線大衆賞を受賞した市川由紀乃。
誰もが認める唯一無二の歌声で王道演歌の神髄、女ごころの襞を丁寧に格調高く歌い上げたシングルをリリース。

作詞 麻こよみ  作曲  徳久広司 編曲  丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2017年3月22日 北山みつき 「女友達」発売♪

北山みつきのシングル。
北山みつき自身が作詞を手掛けた女性同士の禁断の愛をテーマにした作品。
前作以上にスキャンダラスな展開にご期待ください!

作詞 三浦康照  作曲  叶弦大 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年3月22日 冠二郎 「ふたりの止まり木」発売♪

冠二郎のシングル。
2000年に作詞 三浦康照 作曲 叶弦大の黄金コンビによって発表された楽曲が
カラオケのリミックスと今の冠二郎のヴォーカルで17年ぶりに蘇る!女性を思う気持ちを優しく歌う。
カップリングには、冠が平成3年に『NHK紅白歌合戦』初出場した時に歌唱した名曲「酒場」を
当代一のギターの名手、斉藤功を迎えて、ガットギターのみで歌唱した新録バージョンを収録。

作詞 三浦康照  作曲  叶弦大? 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年3月15日 大石まどか 「女の錦秋」発売♪

大石まどかのシングル。
デビュー25周年を迎えた大石まどかのシングル。
かなわぬ恋に燃える女性の心情を、山一面を赤く染める紅葉に置き換えて表現した作品「女の錦秋」を収録。
この女性の燃える気持ちを桧原さとしの渾身のメロディーにのせ大石の歌唱でドラマチックに表現します。

作詞 峰崎林二郎  作曲  桧原さとし 編曲  伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2017年3月8日 大川栄策 「忍の乱れ」発売♪

大川栄策のシングル。
歌手生活49年目、通算99枚目となるシングルをリリース!
許されぬ恋を熱く一途に追い求める女の姿。
熱く艶っぽく歌い上げた王道“艶歌”の傑作が完成!

作詞 高田ひろお  作曲  筑紫竜平 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年3月8日 椎名佐千子 「ソーラン鴎唄」発売♪

椎名佐千子のシングル。
15周年を迎える椎名佐千子の約一年ぶりとなるシングル。
抒情演歌の決定盤!しっとりと女ごころを伝えます。

作詞 仁井谷俊也  作曲  岡千秋 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年3月1日 山口るみ 「終の恋歌」発売♪

山口るみのシングル。
山口ひろみ15周年記念曲第2弾。
カヴァー・アルバム『ひろみっくす』を2015年発売し幅広い音楽性を示した山口ひろみ。
今回は本線のシングルとしてドラマチックな歌謡演歌が誕生!

作詞 伊藤美和  作曲  桧原さとし 編曲  伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2017年2月22日 清水博正 「人生一番」発売♪

清水博正のシングル。
NHK『のど自慢』で16歳でグランドチャンピオンを受賞。
審査員であった弦哲也、たか たかしに見出されデビューした清水博正
今作はその恩人でもある両氏による作品。歌にかけた清水博正の人生も連想させる力強い人生演歌

作詞 たかたかし  作曲  弦哲也 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年2月22日 山口瑠美 「想い出酒場」発売♪

山口瑠美のシングル。
夕顔の坂から一年。
麻こよみ作詞/四方章人作曲の黄金コンビによる山口瑠美のシングル。
日本酒ソムリエの資格も持つ山口瑠美のお酒をテーマにした楽曲。
戻らぬ別れた人を想い、ひとり飲むお酒がしみる一曲

作詞 麻こよみ  作曲  四方章人 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年2月22日 >祭小春 「恋酔月」発売♪

祭小春のシングル。
“激しく、しかし秘めながら、そして艶やかに…”をコンセプトに
祭小春の歌唱力・表現力を全面に押し出した楽曲を収録したシングル。

作詞 井上登美子  作曲  あらい玉英 編曲  丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2017年2月22日 松原のぶえ 「十勝厳冬」発売♪

松原のぶえのシングル。
恋に破れ悲しさに打ちひしがれる女性の気持ちを歌いあげた作品です。
代表曲でもある「阿修羅海峡」「雪挽歌」「霧雨情話」の流れを汲む作曲家 徳久広司氏による
北海道・十勝の厳しい吹雪のようにスケールの大きく格調高い松原十八番の熱唱演歌

作詞 幸田りえ  作曲  徳久広司 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年2月18日 山アていじ 「男のひとり言」発売♪

山アていじのシングル。
山崎ていじ、歌手生活20周年記念曲を収録
作曲は弦哲哉、作詞さわだすずこで大人の男性の優しさ溢れる幸せ演歌となっています。
作詞 さわだすずこ  作曲  弦哲也 編曲  南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年2月18日 金田たつえ 「沖縄哀歌」発売♪

金田たつえのシングル。
「巣鴨地蔵通り」では、自身初となるディキシースタイルに挑戦。
王道演歌を主軸としながらも演歌界に新しいアプローチを続けている金田たつえの今作のテーマは沖縄・島唄。
初挑戦となる沖縄メロディーだが、その歌唱、表現力をもって比類なき“島唄”に仕上がった作品。

作詞 荒川利夫  作曲  稲川祐介 編曲  石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2017年1月25日 舟木一夫 「みんな旅人」発売♪

舟木一夫のシングル。
昭和57年6月に発売されたアルバム『WHITE』に収録された楽曲「みんな旅人」。
当時数多く書き下ろした自作の作品を今回満を持して新録リリース。
書き下ろした当時まだ30代後半だった舟木が、60代、70代となった同世代のファンに向けて今こそ伝えたい“舟木らしい人生歌”。


作詞 上田成幸  作曲  上田成幸 編曲  杉村俊博

▲ページの先頭に戻る

2017年1月25日 竹島宏 「月枕」発売♪

竹島宏のシングル。
テイチク移籍後、3作連続オリコン演歌・歌謡曲チャート第一位を記録。
竹島宏、デビュー15周年記念第二弾作品!
松井五郎作詞/都志見隆作曲・編曲による、竹島宏の新しい魅力を引き出した意欲作。


作詞 松井五郎  作曲  都志見隆 編曲  都志見隆

▲ページの先頭に戻る

2017年1月18日 山アていじ 「男のひとり言」発売♪

山崎ていじのシングル。
歌手生活20周年記念曲を収録。

作詞 さわだすずこ  作曲  弦哲也 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2017年1月18日 金田たつえ 「沖縄哀歌」発売♪

金田たつえのシングル。
前作「巣鴨地蔵通り」では、自身初となるディキシースタイルに挑戦。
王道演歌を主軸としながらも、多彩な変化球で演歌界に新しいアプローチを続けている金田たつえ
今作のテーマはズバリ、沖縄・島唄。初挑戦となる沖縄メロディーだが、その歌唱、表現力をもって比類なき、金田たつえの“島唄”となった作品。
作詞 荒川利夫  作曲  稲川祐介 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2017年1月11日 岩本公水 「北の絶唱」発売♪

岩本公水のシングル。
円熟の岩本公水、力強さと繊細さをあわせ持った勝負作!
デビューから20年余
その実力が認められ最近はBSを中心とした歌謡番組に出演する機会が数多い岩本公水ですが
その歌唱力をいかんなく発揮した、聴いて良し、歌って良しの作品。
作詞 いとう彩  作曲  岡千秋 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2016年11月30日 平浩二 「九十九島」発売♪

平浩二のシングル。
昭和45年に「博多ブルース」でデビュー。昭和47年リリースの「バス・ストップ」が大ヒット!
ワコールCMソングもお茶の間の話題となった、平浩二が愛してやまない地元・長崎を舞台としたダブルAサイドシングル。
両曲共に自身が作詞/作曲による作品。
作詞 平浩二  作曲  平浩二 編曲 猪俣義周

▲ページの先頭に戻る

2016年11月23日 走裕介 「星屑の恋」発売♪

走裕介のシングル。
「津軽じょんがら節」、そして「イエローサブマリン音頭」でお馴染み
裕介が持ち前の優しく艶っぽい声を生かし“女心”を唄う歌謡曲を収録したシングル。
未練の恋心を馴染みやすい軽快な歌謡ポップス調で歌い上げた本作。
作詞 石原信一  作曲 蔦将包 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2016年11月16日 金沢明子 「夕月の宿」発売♪

金沢明子のシングル。
「津軽じょんがら節」、そして「イエローサブマリン音頭」でお馴染み
金沢明子のデビュー40周年作品は月明かりに寄り添う二人の姿をしっとりとそして艶やかに歌い上げた作品。
金沢明子の新しい世界をのぞいてみませんか?
作詞 麻生あかり  作曲 若草恵 編曲 若草恵

▲ページの先頭に戻る

2016年11月2日 はやぶさ 「流星のロマンス」発売♪

はやぶさのシングル。
歌謡界の重鎮、桧原さとし作曲による“流行歌の王道作品”を収録した、はやぶさ、第7弾シングル!作詩は歌謡界のヒットメーカー仁井谷俊也が担当

作詞 仁井谷俊也  作曲 桧原さとし 編曲 松井タツオ

▲ページの先頭に戻る

2016年10月12日 おおい大輔 「男ごころよ」発売♪

おおい大輔のシングル。
2016年2月に大病を患い入院し、一時は歌手活動の休止を余儀なくされるも無事に復活。
味わい深いギター演歌「男ごころよ」、ノリのよさが楽しい「酒場「大輔」」

作詞 黒澤東男 作曲 徳久広司 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2016年10月12日 出光仁美 「愛しゃ 愛しゃ」発売♪

出光仁美のシングル。
自身9枚目となるシングル。
出光仁美の特色である独特な声質を活かすべく、今回挑戦したのは田端義雄の往年のヒット曲である「十九の春」や「島育ち」のような、南国民謡風の楽曲。
今の時代では非常に珍しくなった4行詩、さらにはシンプルなメロディーで、昭和20?30年代の流行歌のような懐かしさを感じさせる楽曲を、出光仁美がその独特の声色で歌い上げる。

作詞 森田いずみ 作曲 水森英夫 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年10月12日発売 梓 夕子 「冬恋かなし」発売♪

梓 夕子のシングル。
いつも明るく元気いっぱい”下町の人気娘、梓夕子ファン待望の新曲
入魂の小田純平メロディーを梓 夕子の歌声で。
アルバム『梓夕子全曲集〜おかえり…ただいま〜』より待望のシングル・カット
カップリングは宮地オサム作曲の「だめな私」

作詞 リーシャウロン 作曲 小田純平 編曲 矢田部正

▲ページの先頭に戻る

2016年9月21日発売 田川寿美 「哀愁酒場」発売♪

田川寿美のシングル。
デビュー25周年記念曲「倖せさがし」に続く25周年記念曲の第2弾の発売決定!
表題曲は、情熱的な女性の愛を歌う、スケール感のある楽曲。


作詞 藤原良 作曲 大谷明裕 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年9月21日発売 多岐川舞子 「みそか酒」発売♪

多岐川舞子のシングル。
初となるさいとう大三の作詞による、しみじみと心に沁みるメジャー調演歌。
年の瀬を一人酒場で過ごす女性を描いた、寂しさと温かさを感じることが出来る、こころにじんわり沁みる作品。
これまでの多岐川舞子にはない新境地を垣間見る作品

作詞 藤原良 作曲 大谷明裕 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年9月7日発売 入山アキ子 「信濃慕情」発売♪

入山アキ子のシングル。
恩師の鈴木淳作曲、悠木圭子作詞による書き下ろし
信濃路を舞台に、はかない恋の心情をたっぷりと歌い上げるドラマチックな楽曲を収録したシングル。


作詞 悠木圭子 作曲 鈴木淳 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2016年8月31日 竹島宏 「夜明けのカラス」発売♪

竹島宏のシングル。
竹島宏のデビュー15周年記念曲
テイチク移籍後2作品連続でオリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位を記録している竹島宏期待の第3弾シングル!
作詞はデビューのきっかけを作った久仁京介氏。作曲は近年の竹島を練り上げてきた幸耕平氏。



作詞 久仁京介 作曲 幸耕平 編曲 若草恵

▲ページの先頭に戻る

2016年8月24日 細川たかし 「北海無法松」発売♪

細川たかしのシングル。
北の男の生き様を、細川たかしらしい力強さで歌い上げる<荒さ>を売りにした本格演歌で勝負!C/Wには、同じく北の民謡の代表曲を収録。



作詞 新條カオル 作曲 岡千秋 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2016年8月17日 冠二郎 「万里の嵐」発売♪

冠二郎のシングル。
歌手生活50周年記念曲第二弾は悠久の歴史を想う中国ロマン!
雄大な中国の歴史に思いを馳せる詩、中国の風景を想像させるメロディー、そしてスケール感あるアレンジで纏められた濃度の高い作品。



作詞 三浦康照 作曲 小野彩 編曲 櫻庭伸幸

▲ページの先頭に戻る

2016年8月11日 走裕介 「山が、笑ってら」発売♪

走裕介のシングル。
「山の日」制定を記念した“山の日の歌”を8月11日の祝日当日にシングル発売。
山が国土の7割を占める日本において、「海の日」があるのに、なぜ「山の日」はないのか?
人類にとって“海山一体”なのだとの想いから「山の日」を提唱した船村徹が総合プロデューサーとなり 詩は毎日新聞社を通じて広く一般に公募。
優秀賞「山が、笑ってら」詩:直己 作・編曲:蔦将包 により
走裕介の原点ともいえるロック調歌謡曲でロックに山の日を迎えます!



作詞 直己 作曲 蔦将包 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2016年7月20日 金田たつえ 「巣鴨地蔵通り」発売♪

金田たつえのシングル。
巣鴨地蔵通りをテーマにした明るいメロディーの楽曲
絶妙な節回しで歌唱する「巣鴨地蔵通り」。金田節の王道演歌「おんな憂き世川」を収録した両A面シングル! 。



作詞 沼川淳 作曲 南谷龍 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2016年6月22日 若山かずさ 「蛍火の恋」発売♪

若山かずさのシングル。
若山かずさの「女の岬」以来1年4カ月ぶりとなるシングル。
作詞には女性の気持ちを鋭く切り取る菅麻貴子、作曲には現代的演歌メロディーの担い手として実績のある田尾将実
そして編曲には丸山雅仁を起用。
楽曲の作家陣を一新して制作されたドラマティックでコンテンポラリーな楽曲が、若山かずさの新たな世界を構築する。 



作詞 菅麻貴子 作曲 田尾将実 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2016年6月1日 松原のぶえ 「おんなの暦」発売♪

松原のぶえのシングル。
歌手生活37周年目を迎える本格ベテラン演歌歌手松原のぶえ待望のシングル。
2011年日本レコード大賞 作曲賞受賞の若草恵作曲。
旧暦の月名を題材に、健気で一途な女性の恋心を歌った作品。



作詞 たきのえいじ 作曲 若草恵 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2016年5月18日 黒木じゅん 「いのちの花だから」発売♪

黒木じゅんのシングル。
テイチク移籍第一弾シングル。
1968年「霧にむせぶ夜」が130万枚の大ヒットを記録した、故・黒木憲の長男である黒木憲ジュニアが、黒木じゅんに改名。
都会派歌謡曲のサラブレッドが移籍後初のシングルで新たな飛躍の予感
父と同じ師匠、鈴木淳の門下となり巡り合う男女の想いを詠う極上のムード歌謡で勝負する



作詞 水木れいじ 作曲 水森英夫 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年5月18日 西尾夕紀 「オンリーユー神戸」発売♪

西尾夕紀のシングル。
前作「哀愁の宗谷岬」より1年3ヶ月ぶりとなる西尾夕紀のシングル。
タイトル曲「オンリーユー神戸」は水森英夫の作曲により、西尾夕紀の新たな魅力を再発見できる仕上がり。
カラオケファンを意識し、聴くだけでなく“歌える”歌い易く、明るい楽曲となっている。



作詞 水木れいじ 作曲 水森英夫 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年4月20日 市川由紀乃 「心かさねて」発売♪

市川由紀乃のシングル。
歌歌謡曲の次世代トップランナーとして人気・実力ともに勢いに乗る市川由紀乃のシングル。
前作「命咲かせて」で命をかけた愛、一途な女心を歌い“きっと咲きます…”と誓った主人公。
今作はその後の行方をも匂わせるようなストーリー展開で、世界観も大幅にスケールアップ。色彩豊かな歌世界を堪能できる作品。



作詞 石原信一 作曲 幸耕平 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2016年4月13日 藤野とし恵 「露地裏しぐれ」発売♪

藤野とし恵のシングル。
重厚なサウンドに切ない女心をスケール大きく歌い上げたシングル。
人柄通りの朗らかで明るさのある、春のリリースにピッタリのメジャーワルツで女心を優しく歌い上げる。 



作詞 仁井谷俊也 作曲 岡千秋 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2016年3月23日 椎名佐千子 「出船桟橋」発売♪

椎名佐千子のシングル。
前作「哀愁…日本海」に続き
作詞:仁井谷俊也&作曲:岡千秋コンビによる椎名佐千子の王道の海演歌
凛としながらも哀愁をもって響き渡る、椎名佐千子の歌声が楽しめる一枚。 



作詞 仁井谷俊也 作曲 岡千秋 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2016年3月23日 走裕介 「北の傷歌」発売♪

走裕介のシングル。
走裕介の通算9枚目のシングル。
石原信一作詞、蔦将包作曲によるフォークタッチの歌謡演歌。北の男の哀愁歌を収録。
カップリングは女心を歌ったバラード「私の夏は来ぬ」を収録。



作詞 石原信一 作曲 蔦将包 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2016年3月16日 山川豊 「再愛」発売♪

山川豊のシングル。
「螢子(けいこ)」のカップリングに収録された「神戸の落葉」に続くご当地ソング。
「蜃気楼の見える町」として名高い「富山県魚津市」を舞台に、愛する女性を思い一人旅に出た男の気持ちが、魚津の海の情景と共に浮かび上がる、山川豊ならではの歌謡曲路線の楽曲。
それぞれが一味違う大人の恋物語に仕上がっています。


作詞 原文彦 作曲 叶弦大 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2016年3月2日 はやぶさ 「エボレボ!」発売♪

はやぶさのシングル。
はやぶさ通算6枚目のシングル
“ヒャダイン”サウンドプロデュースによるテレビ東京系アニメ『デュエルマスターズVSR』オープニングテーマ曲! 
初回限定盤と通常盤の2形態で、初回限定盤は描き下ろしアニメイラストジャケット仕様に加えて特典として「デュエル・マスターズ」プロモカードを封入。


作詞 前山田健一 作曲 前山田健一 編曲 前山田健一

▲ページの先頭に戻る

2016年2月24日 大石まどか 「命、燃えて」発売♪

大石まどかのシングル。
大石まどかのデビュー25周年記念曲を収めたシングル。
節目を飾るにふさわしく、大石まどかにとっても関係の深い作家である弦哲也を作曲に、作詞にたかたかしを迎えた“大人の艶歌”。 


作詞 たかたかし 作曲 弦哲也 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2016年2月17日 新沼謙治 「俺の昭和が遠くなる」発売♪

新沼謙治のシングル。
新沼謙治のオリジナル・ミニ・アルバム『ふるさとの風景』に収録された楽曲「俺の昭和が遠くなる」をシングルカットした作品
新たに録音し、シングル・ヴァージョンとして収録。


作詞 掛橋わこう 作曲 幸斉たけし 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2016年2月17日 山口瑠美 「夕顔の坂」発売♪

山口瑠美のシングル。
楽曲はゴールデンコンビ、作詞:麻こよみ&作曲:四方章人のタッグによる書き下ろし作品。
大人の女性の魅力たっぷりに、悲恋の主人公をマイナーの曲調にのせて山口が歌い上げる。


作詞 麻こよみ 作曲 四方章人 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2016年2月17日 冠二郎 「友情の海」発売♪

冠二郎のシングル。
歌手生活50周年を迎える冠二郎の記念曲第1弾シングル。
リード曲「友情の海」は、海難事故で亡くなった友人への鎮魂を込め男の友情を通じて向き合う海へのロマンと希望を描いた作品。
作詞は恩師の三浦康照、作曲は船村徹。50年の歳月を経て甦った船村作品を冠二郎が歌唱する注目作。


作詞 三浦康照 作曲 船村徹 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2016年2月10日 岩本公水 「面白山の滝」発売♪

岩本公水のシングル。
秋の東北・山形を舞台に、その地に根ざす女性の恋慕の情をテーマにした
岩本公水のシングル。
山形に実際にある面白山の滝、ささやかにしかし絶えることなく流れる滝。
その東北の山間に暮らす女の、静かにたえることなく燃え上がる胸の内。
耐えて耐えて耐え抜いて、いまにも張り裂けんばかりの魂の声を歌う岩本公水の新しい一面です。


作詞 秋浩二 作曲 秋浩二 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年2月3日 山崎ていじ 「夜汽車」発売♪

山崎ていじのシングル。
コロムビア移籍後6枚目のシングルリリース!
前々作「昭和男唄」以降、“不器用だがまじめで一生懸命”な男像を
山崎ていじのキャラクターを結び付け、今作では一度帰った故郷を舞台にあきらめかけて夢を求めて人生をリッセットする男心を歌い上げる。

作詞 さわだ すずこ 作曲 弦哲也 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2016年1月27日 大木綾子 「大糸線」発売♪

竹島宏のシングル。
「千羽鶴」「奥羽本線」「北紀行」北国三部作でカラオケファンから人気を博している大木綾子
作詞を手掛けた志賀大介の故郷を走る大糸線をテーマに、ふるさとを思う気持ちを優しく唄い上げたシングル。

作詞 志賀大介 作曲 水森英夫 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2016年1月20日 田川寿美 「倖せさがし」発売♪

田川寿美のシングル。
前作「女の舟唄」に続く、本格的演歌作品となるシングル。
今作は、作曲家:幸耕平による、田川寿美本人の持ち味を十分に活かしたスケール感のある希望を持って生きてゆく女性を歌った楽曲。

作詞 さいとう大三 作曲 幸耕平 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2016年1月20日 竹島宏 「東京紙芝居」発売♪

竹島宏のシングル。
オリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位を記録したテイチク移籍第一弾「哀愁物語」に続く、移籍第二弾シングル。 
いつもの竹島 宏が歌う「悲しい恋の物語」ではなく、
都会の片隅で夢を追う若者が主人公の楽曲。 

作詞 麻こよみ 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2016年1月6日 岩佐美咲 「ごめんね東京」発売♪

岩佐美咲のシングル。
デビュー5周年を迎える、AKB48初の演歌歌手・岩佐美咲の通算5枚目のシングル。楽曲は今回もAKB48などを手がける秋元康によるプロデュース。  

作詞 秋元 康 作曲 福田貴訓 編曲 野中“まさ”雄一

▲ページの先頭に戻る

2015年12月16日 北見恭子 「女の旅路 」発売♪

北見恭子のシングル。
重厚感溢れる存在感で、演歌界でも独自の個性を発揮する北見恭子のシングル。
若い世代にも受け入れられる世界観と分かり易いメロディーを乗せた北見恭子の新しい魅力が楽しめる楽曲を収録

作詞 小野塚清一 作曲 桧原さとし 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2015年11月18日 早瀬ひとみ 「誘惑の蒼い瞳 」発売♪

瀬ひとみのシングル。
前作同様、渡辺なつみ・浜圭介の作家コンビ
“カッコ良い”早瀬ひとみを演出。“カッコ良い女が歌う歌謡曲”をコンセプトにした、シンプルでストレートな8ビートのロック・アレンジで聴かせる楽曲。

作詞 渡辺なつみ 作曲 浜圭介 編曲 萩田光雄

▲ページの先頭に戻る

2015年11月18日 出光仁美 「涙のお酒 」発売♪

出光仁美のシングル。
コロムビア創立100周年記念アーティストとして2010年にデビュー
デビュー6年目を迎えた出光仁美の通算8枚目となるシングル。
昭和の古き良き女性をテーマにした王道のメジャー演歌。恩師・水森英夫が自信を持って出光仁美に書き下ろした意欲作。 

作詞 麻こよみ 作曲 浜圭介 編曲 萩田光雄

▲ページの先頭に戻る

2015年10月21日 さとう宗幸 「あ・り・が・と・う・の歌 」発売♪

さとう宗幸のシングル。
「青葉城恋唄」でおなじみのさとう宗幸の約十年ぶりとなるシングル。
20年以上続いている宮城テレビ『OHバンデス!』で演奏したところ多くの人たちからの反響が寄せられ、リリースされる作品。 

作詞 佐久間順平 作曲 佐久間順平 編曲 入江純

▲ページの先頭に戻る

2015年10月7日 松原のぶえ 「能登みれん 」発売♪

松原のぶえのシングル。
北陸・能登半島を舞台にした松原のぶえのシングル。
能登半島を代表する町や名所を歌詞に盛り込みながら恋に破れた切ない女心をしっとり、スケール感たっぷりに歌い上げる。 

作詞 ないとうやすお 作曲 渡辺勝彦 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2015年9月30日 中田久美 「高崎より愛をこめて 」発売♪

中田久美のシングル。
「港町マンボ/愛の輝き」に続くニューシングル。アーティストとして益々円熟味を増してきた彼女の魅力を存分に引き出した作品に仕上がっている。

作詞 高橋直人 作曲 タカサキ・ヒロ 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2015年8月26日 多岐川舞子 「七尾しぐれ 」発売♪

多岐川舞子のシングル。
"スピリチュアル演歌"という新機軸でリリースした「出雲雨情」
その流れを受けた今タイトル曲は、石川県・能登半島を舞台に
愛した男の影を追う本格的演歌作品
日本海の荒波のなか多岐川舞子の澄んだ声が切なさを更に際立たせます。

作詞 かず翼 作曲 水森英夫 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2015年8月26日 はやぶさ 「月あかりのタンゴ 」発売♪

はやぶさのシングル。
はやぶさ、第5弾シングル。
前作に引き続きムードコーラス界の重鎮、鶴岡雅義の作曲による“流行歌の王道作品”。
作詩は2014年度日本作詩大賞を受賞した作詩家・仁井谷俊也が担当。

作詞 仁井谷俊也 作曲 鶴岡雅義 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2015年7月22日 柴田絵梨子 「雪国みれん 」発売♪

柴田絵梨子のシングル。
2014年"クラウン歌謡フェスティバル"の優勝者、柴田絵梨子のデビュー・シングル。
「雪国みれん」「女ひとり酒」「雪舞いの宿」を収録。

作詞 志賀大介 作曲 松井タツオ 編曲 松井タツオ

▲ページの先頭に戻る

2015年7月22日 入山アキ子 「女・なみだ酒 」発売♪

入山アキ子のシングル。
前作「紀淡海峡」がロングセールスを続けている入山アキ子
今回の作家も前作同様、恩師の作曲家鈴木淳、作詞家悠木圭子のゴールデンコンビによる書下ろし。

作詞 悠木圭子 作曲 鈴木淳 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2015年7月22日 池田一男 「ひとりでTANGOは踊れない 」発売♪

池田一男のシングル。
前作では昭和の香り漂うミラーボールサウンドで同世代を中心に話題となり多
新潟の『池田一男』から全国区へと知名度を上げた池田一男
今作ではダンスフロアーで繰り広げられる人間模様を人生模様と掛け合わせ歌う
詞の世界観とラテンのリズムが絡み合う雰囲気が漂う池田一男らしい大人の作品。

作詞 たかたかし 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2015年6月24日 椎名佐千子 「哀愁…日本海」発売♪

椎名佐千子のシングル。
デビュー以来、初めて作曲家に岡千秋を迎えたた椎名佐千子のシングル。
彼女の“哀しみ”を帯びた声が、切ない女ごころをドラマチックにドラスティックに描く。

作詞 仁井谷俊也 作曲 岡千秋 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2015年6月24日 祭小春 「まっとう人生」発売♪

祭小春のシングル。
祭小春のコロムビア移籍第3弾シングル。
日本音楽著作家連合“第二十九回新作歌謡作品コンクール”で千編を超える詩から厳選された最優秀作品である「まっとう人生」(作詞:城山正志、作曲:村田耕一)
『居酒屋「あやめ」』(作詞:おおた良、作曲:藤田たかし)を収録。

作詞 城山正志 作曲 村田耕一 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2015年6月17日 天童よしみ 「5時の汽車で」発売♪

天童よしみのシングル。
天童よしみの出世作「珍島物語」の作詞・作曲家、中山大三郎の没後10年追悼盤としてリリースされる今回のシングル。
中山大三郎の大親友であり「珍島物語」をプロデュースした山田廣作が陣頭指揮をとる。
数ある中山大三郎の遺作から厳選した2作を収録。
作詞 中山大三郎 作曲 中山大三郎 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2015年6月17日 小沢あきこ 「なみだの鍵穴」発売♪

小沢あきこのシングル。
前作「別れの駅」より大人の女性になった小沢あきこの新たな魅力を引き出す新境地といえるシングル。心機一転して挑む新たな世界! 
作詞 田久保真見 作曲 弦哲也 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2015年6月10日  梓夕子 「おかえり…ただいま」発売♪

梓夕子のシングル。
「春待坂」が好調の梓夕子によるシングル。
表題曲は、恋愛を過去の良き想い出として、今もその思いを大切に胸に秘めている奥ゆかしい、しっかりとした性格の優しい女性が主人公。
果たせなかった恋の哀しみを、ひとり胸に秘めて相手を懐かしむ、情けの濃い女性の切ない気持ちを表現した作品。
作詞 峰崎林二郎 作曲 宮下健治 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2015年6月6日 壱太郎ソロ活動10周年記念コンサート 「ここから」♪

壱太郎ソロ活動10周年記念コンサート
「ここから」

出演・壱太郎(和太鼓) 岩田卓也(尺八) 小山豊(津軽三味線)

牧 好成(やおよろずごと伝導者)

場所・スクラム21(田園都市線溝の口駅から徒歩5分)

開場・15:30   開演・16:00

料金・一般4,000円(当日4,500円) 高校生以下2,000円(当日2,500円) 


問合せ・エルパチケットセンター

電話03-6426-5793

MAIL ticket@music-Los.com

受付時間9:30 18:00(土日 祝日休み)未就学児OK

エルパ会員\4,000→\3,000


▲ページの先頭に戻る

2015年5月20日 山口ひろみ 「女の残り火」発売♪

山口ひろみのシングル。
「女の夜雨」で女性の心情をしっとりと歌いあげた山口ひろみが、その路線に磨きをかけて届けるシングル。作詞に麻こよみ、作曲に四方章人を迎えた王道演歌
作詞 麻こよみ 作曲 四方章人 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2015年5月13日 大川栄策 「男の桟橋」発売♪

大川栄策のシングル。
表題曲「男の桟橋」は哀愁歌でありつつもあえて明るいメロディと軽快なリズムで歌いあげるデビュー曲「目ン無い千鳥」を彷彿とさせる懐かしくも新しい聴き心地の大川演歌!
作曲は大川自身の別ペンネームとなる筑紫竜平作曲。
作詞 たきのえいじ 作曲 筑紫竜平 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2015年4月22日 市川由紀乃 「命咲かせて」発売♪

市川由紀乃のシングル。
オリコン初登場1位、2014年 第56回日本レコード大賞作曲家協会選奨を受賞した前作「海峡岬」に続き
命をかけて愛を成就する女心の一途さを歌った、奥行きの深い作品を収録したシングル。
作詞 石原信一 作曲 幸耕平 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2015年4月22日 水城なつみ 「曽々木海岸」発売♪

水城なつみのシングル。
キング歌謡文化アカデミー2012年の全国決勝大会で史上初の高校生グランドチャンピオンに輝く。
翌年「泣いてひとり旅」でデビューを飾った水城なつみのサード・シングル。
みずみずしく愛らしい魅力を生かし、優れた歌唱力を堪能できる本格的な王道演歌に挑戦!
作詞 麻こよみ 作曲 影山時則 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2015年4月8日 山本みゆき 「萩の月」発売♪

山本みゆきのシングル。
美しい水路と白壁の町、潮風と夏みかんの香る、浪漫溢れる西の小京都。
山口県萩市を舞台に、恋するひとりの女の運命を歌います
作詞 いとう彩 作曲 高田弘 編曲 高田弘

▲ページの先頭に戻る

2015年4月8日 竹島宏 「哀愁物語」発売♪

竹島宏のシングル。
デビュー13年目に突入し、テイチクに移籍。記念すべき第第一弾シングル!
オリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位を獲得した「泣きぬれて…」に続き、
まさに竹島宏が背負ってきたテーマ「悲しい恋の歌」をさらに深化させた作品。
カップリング曲、ジャケットデザインの異なる2タイプリリース
作詞 幸耕平 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2015年4月1日 水森かおり 「大和路の恋」発売♪

水森かおりのシングル。
デビュー20周年記念作品。"ご当地ソングの女王"水森かおりが贈るメモリアルソングとなる最新作!!
古都奈良・大和路を舞台にまほろばの里・大和路の風景を織り込んだ詩情を組み込んだ作品 
作詞 仁井谷俊也 作曲 弦哲也 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2015年3月25日  山川豊 「螢子」発売♪

山川豊のシングル。
約2年ぶりとなるシングル。
表題曲「螢子」は自身初の女性名称歌。強力作家陣による本格演歌楽曲。 
作詞 高田ひろお 作曲 弦哲也 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2015年3月25日  岩本公水 「昭和えれじい」発売♪

岩本公水のシングル。
かつて1988年にちあきなおみがアルバム曲として発表した隠れた名曲「昭和えれじい」。
シンプルかつノスタルジックな雰囲気の中に、どこか儚げな無常観が漂った作品。
作詞 吉田旺 作曲 船村徹 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2015年3月18日  大石まどか 「夕陽しぼり坂」発売♪

大石まどかのシングル。
約1年ぶりとなるシングル。
本人の持ち味が十二分に生かされた前作『居酒屋「津軽」』の延長線上にありながら、新たな魅力を引き出す楽曲。
名古屋の古い街並みが残る有松を舞台にスケール感のある曲調を唄った作品。
作詞 喜多條忠 作曲 西つよし 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2015年3月4日  松原のぶえ 「面影橋」発売♪

松原のぶえのシングル。
健気な女性の恋心を歌った「面影橋」を収録したシングル。C/Wには松原のぶえ自身の作詞による楽曲を収録
作詞 海老原秀元 作曲 岡千秋 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2015年3月4日  みずき舞 「キスしてね」発売♪

みずき舞のシングル。
前作「待ちわびて」のドレス姿も好評なみずき舞のハスキーヴォイスが映えるセクシーで大人な歌謡曲を収録したシングル。
作詞 円香乃 作曲 岡千秋 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2015年3月4日  走裕介 「昭和縄のれん」発売♪

走裕介のシングル。
杉本眞人書下ろしによるバラードソング。父親の背中を想い歌う「昭和縄のれん」
かつて宮路オサムがシングルリリースした楽曲をのカバーた「風来ながれ唄」を収録。 
作詞 高田ひろお 作曲 杉本眞人 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2015年2月25日  田川寿美 「女の舟唄」発売♪

田川寿美のシングル。
前作「一期一会」の延長線上にありながら、田川寿美の持ち味の一つである演歌色をより前面に出した真骨頂の本格的演歌
作詞 石原信一 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2015年2月18日  山口瑠美 「呼子舟唄」発売♪

佐賀県の呼子を舞台にした楽曲を収録したシングル。
山口瑠美の繊細な声と長編歌謡物語できたえた表現力で聴かせます。
カップリングには山口自身による楽曲「臥龍梅」を収録。
自身の故郷である山口県岩国市にある有名な梅の木を題材に父との思い出とともに山口瑠美渾身の一曲
作詞 みやま清流 作曲 糸間圭 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2015年2月18日  みなみあい 「幸せ桜」発売♪

冬の寒さをこえた強さと、春の日差しのような優しさと温かさを込めた作品
作詞 すずき信子 作曲 桧原さとし 編曲 若草恵

▲ページの先頭に戻る

2015年2月18日  みなみあい 「幸せ桜」発売♪

冬の寒さをこえた強さと、春の日差しのような優しさと温かさを込めた作品
作詞 すずき信子 作曲 桧原さとし 編曲 若草恵

▲ページの先頭に戻る

2015年2月18日  若山かずさ 「女の岬」発売♪

2013年1月発売のデビュー30周年記念曲「女のみれん」2014年2月発売「おんなの酒」に続くシリーズ第三弾 !
艶演歌で定評のは若山かずさの特長を活かし、切ない女心を艶っぽく聞かせます
作詞 さいとう大三 作曲 四方章人 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2015年2月18日  若山かずさ 「女の岬」発売♪

2013年1月発売のデビュー30周年記念曲「女のみれん」2014年2月発売「おんなの酒」に続くシリーズ第三弾 !
艶演歌で定評のは若山かずさの特長を活かし、切ない女心を艶っぽく聞かせます
作詞 さいとう大三 作曲 四方章人 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2015年2月18日  西尾夕紀 「哀愁の宗谷岬」発売♪

前作『龍飛埼灯台』に続き、吉幾三を作曲に迎えたシングル。
津軽海峡最北端に位置する龍飛埼から北海道最北端宗谷岬へ。
西尾夕紀らしい壮大なスケール感のある楽曲を聴かせる、まさに西尾演歌の決定盤とも言える一枚。
作詞 西條みゆき 作曲 吉幾三 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2014年12月17日  渥美二郎 「奥の細道」発売♪

約3年ぶりの新曲は、壮大な歴史物語!
渥美二郎本人が奥の細道のスタート地点でもある千住宿出身であることから奥の細道をモチーフにした楽曲。
楽曲は松尾芭蕉の奥の細道の句を渥美二郎が独自に解釈し、大きくスケール感のある広がりをもった楽曲に仕上げた。
作詞 千寿二郎 作曲 千寿二郎 編曲 武井正信

▲ページの先頭に戻る

2014年10月29日  はやぶさ 「ロマンティック東京」発売♪

3人組歌謡グループ、“はやぶさ”の通算4枚目となるシングル。
ムードコーラス界の重鎮、鶴岡雅義の作曲によるムード歌謡のメロディとアレンジで幅広い年齢層に受け入れやすい楽曲。
より洗練された“大人のグループ歌謡”への脱皮をはかる作品。
作詞 かず翼 作曲  鶴岡雅義 編曲  伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2014年10月22日  伊藤咲子 「ラスト・メール」発売♪

デビュー40周年を迎えた伊藤咲子のシングル。
本作は、「元気いっぱいひまわり娘も、いろいろあって大人の歌を歌います」がコンセプト。大人のバラードを歌う伊藤咲子の新たな魅力が開花した作品。
作詞 円香乃 作曲  合田道人 編曲 萩田光雄

▲ページの先頭に戻る

2014年10月8日  藤野とし恵 「女の海流」発売♪

昨年に50周年を迎えた藤野とし恵が、新たなスタートを切る弦哲哉作曲、麻こよみ作詞の堂々本格演歌シングル。
儚く、切ない、女性の心情を情景豊かに歌い上げます
作詞 麻こよみ 作曲  弦哲也 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2014年10月1日  松原のぶえ 「合掌街道」発売♪

松原のぶえのニューシングル
日本では6件目の世界遺産として認定された白川郷・五箇山の合掌造り集落群を舞台に、恋に破れた女性の切ない恋心を歌い上げた作品。
小田純平作曲
作詞 喜多條忠 作曲 小田純平 編曲 ヤスベタダシ

▲ページの先頭に戻る

2014年9月17日  細川たかし 「艶歌船」発売♪

“芸道40年イヤー”を迎えた細川たかしの記念シングル。
芸道40年記念楽曲にふさわしい、力強いサウンドに力みなぎるたかし節が響きます。これぞ王道演歌。
作詞 松井由利夫 作曲 増田空人 編曲 丸山雅仁

▲ページの先頭に戻る

2014年9月3日  北原ミレイ 「北の母子舟」発売♪

2014年6月4日発売のアルバム『ミレイの演歌』に収録した書き下ろし作品からシングルカット
北海道・函館の海を舞台にした、女漁師の物語「北の母子船」を収録。カップリングには押しも押されぬ自身のヒット曲「石狩挽歌」のニューバージョンを収録。
作詞 としおちゃん 作曲 杉本眞人 編曲 猪股義周

▲ページの先頭に戻る

2014年9月3日  市川由紀乃 「海峡岬」発売♪

市川由紀乃のシングル。彼女のヒット曲の原点である“海峡”を詩の舞台に、別れの朝を迎えるまでの哀しい物語を切々と語り、女心の嬖を美しく歌い上げる作品。
七彩の声を持つ市川由紀乃の唯一無二の魅力を堪能できる1枚。
作詞 石原信一 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2014年8月27日 走裕介&ひなたみな 「めぐりめぐり逢い」発売♪

走裕介の「デュエット・カーニバル」シリーズ2作目となるシングル。
岐阜県在住の歌手“ひなたみな”とのデュエットによる、伊藤薫作詩・作曲の楽曲を収録。
タイトル曲「めぐりめぐり逢い」は、初々しさを感じるような恋心をテーマにした男女の掛け合いを聞かせる楽曲。
作詞 伊藤薫 作曲 伊藤薫 編曲 矢野立美

▲ページの先頭に戻る

2014年8月27日 竹島宏 「泣きぬれて」発売♪

2013年“第55回日本レコード大賞”で日本作曲家協会奨励賞を受賞した竹島宏のシングル。
竹島の最も得意とする三連のミディアム・バラードで裏切られてなお未練が断ち切れない女の涙を描いた作品。
作詞 幸耕平 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2014年8月20日 都はるみ 「冬の海峡」発売♪

都はるみのシングル。
様々なタイプの楽曲に挑戦しバイタリティ溢れる都はるみが原点に戻って歌唱する、4作品ぶりの“演歌の王道”といった演歌スタンダード作品。
作詞 さいとう大三 作曲 岡千秋 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2014年8月20日 冠二郎 「どうせこの世は成り行きまかせ」発売♪

本人のエンタテインメント性を充分に活かした、冠二郎でしか歌えない人生の応援歌
作詞 三浦康照 作曲 小野 彩 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2014年8月20日 大石まどか 西つよし 「あの日のまま」発売♪

シングル『居酒屋「津軽」』が人気のある大石まどか。今回は、同曲の作曲家・西つよしによるデュエット・シングル。
息のぴったり合った二人が、切ない男女を演じる楽曲「あの日のまま」他を収録。
作詞 友利歩未 作曲 西つよし 編曲 石倉重信

▲ページの先頭に戻る

2014年7月23日 入山アキ子 「紀淡海峡」発売♪

山口県と地元の埼玉で着実な実績をあげている入山アキ子のシングル。
恩師の悠木圭子、鈴木淳のコンビによる作品。
カップリングには故郷・美祢市のふるさと“美祢市ふるさと交流大使”に任命されたこともあり、1985年に浜野美砂さんと玉置宏さんのデュエットで発売された曲
有名な秋芳洞を舞台にした「秋芳洞愛歌」(星野哲郎作詞、鈴木淳作曲)を収録。
作詞 悠木圭子 作曲 鈴木淳 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2014年6月18日 舟木一夫 「眠らない青春」発売♪

デビュー52年目、70歳を迎えた舟木一夫の2年半ぶりとなるシングル。
タイトル曲は、1970年代半ば頃、舟木本人が作曲家の川崎弘と共作で楽曲を作り始めた頃に出来た作品。
当時はアルバムに収録された楽曲を、アレンジを変えて今回、完全新録音にてリリース。
作詞 舟木一夫 作曲 川崎弘 編曲 杉村俊博

▲ページの先頭に戻る

2014年6月18日 山口瑠美 「雨の錦帯橋」発売♪

四方章人作曲の強力コンビによる、地元の錦帯橋を舞台に哀しい別れを歌う山口瑠美のシングル。 
作詞 麻こよみ 作曲 四方章人 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2014年6月4日 水城なつみ 「風未練」発売♪

水城なつみのセカンド・シングル
2012年の全国決勝大会で、KBA史上初の高校生グランドチャンピオンに輝き、2013年5月に「泣いてひとり旅」でデビューした、水城なつみのセカンドシングル

作詞 麻こよみ 作曲 岡千秋 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2014年5月21日 細川たかし 「女の十字路〜あなたに迷いそうな夜〜」発売♪

細川たかしのシングル。
タイトル曲は、1976年2月発表のサード・シングル「女の十字路」をガラッと新しく再録音。
軽快さに豪快さが加わった“女心”の名曲。 
作詞 中山大三郎 作曲 浜圭介 編曲 馬飼野俊一

▲ページの先頭に戻る

2014年4月23日 冠二郎 「望郷エトランゼ」発売♪

アクション演歌の旗手とも呼ばれる冠二郎が、本作では男の哀愁とダンディーな男の魅力を表現した「ムード歌謡」に初挑戦!新境地を開いた作品。
また、カップリングの「ああ・人生」は、平成10年に発売された「バイキング」のカップリングとして収録されていた、作品です。こちらも必聴!
作詞 三浦康照 作曲 岡千秋 編曲 前田俊明

▲ページの先頭に戻る

2014年4月3日 水森かおり 「島根恋旅」発売♪

“ご当地ソングの女王”水森かおりの2014年第一弾シングル。島根を舞台に恋にやぶれた女のひとり旅を描く旅情演歌
作詞 仁井谷俊也 作曲 弦哲也 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2014年2月26日 はやぶさ 「なんで 横浜・・・」発売♪

3年目に突入した新世代歌謡グループ“はやぶさ”のサード・シングル。
“横浜3部作”の完結編!となるタイトル曲「なんで、横浜…」
演歌・歌謡曲のテイストのリズミカルなメロディーにのせて、儚くもせつないおんな心を歌います
カップリングには、和太鼓をメインにした「はやぶさ祭りだよ」を収録。
作詞 仁井谷俊也 作曲 桧原さとし 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2014年2月26日 山崎ていじ 「昭和男唄」発売♪

独特の甘い歌声を生かしたムード色の高い楽曲を歌ってきた山崎ていじのシングル。
タイトル曲は、切なくも力強く歌う“熱唱系”の母物演歌。
田舎を出て行った息子を思う母の気持ちを歌ったインパクトのある一曲。
作詞 さわだすずこ 作曲 弦哲也 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2014年2月19日 みずき舞 「待ちわびて」発売♪

前作「知床恋文」では、永井みゆきとのデュエット「なぐさめ・ナイト」も好評だった、みずき舞
本作でもみずき舞の魅力を十分に発揮した1980年代風の歌謡曲「待ちわびて」
一人の男性を待ちわびる、切ないおんな心を軽快なリズムで歌いあげます
カップリングには「琵琶湖周航の歌」をカバー
作詞 山本茉莉 作曲 田尾将実 編曲 若草恵

▲ページの先頭に戻る

2014年2月19日 若山かずさ 「おんなの酒」発売♪

2013年にデビュー30周年を迎えた演歌歌手
若山かずさの新たな門出となるシングル。艶演歌に定評のある若山かずさが、艶っぽく、しっとりと色気のある楽曲を聴かせる。
作詞 さいとう大三 作曲 叶弦大 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2014年2月19日 大石まどか 「居酒屋「津軽」」発売♪

本作では若手作曲家の西つよしを迎え、小粋でいい女を演出するリズム演歌を聴かせる。
寒い今冬、大石まどかの居酒屋「津軽」にふらっと立ち寄っていみてはいかがですか?
作詞 内藤綾子 作曲 西つよし 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2014年2月19日 クミコ 「指も髪も唇も」発売♪

シャンソン歌手クミコのNEWシングル
本作は歌謡曲ファンへのアプローチはもちろんのこと、従来からのシャンソン歌手クミコのファンにも親しみやすい楽曲に仕上がっています。
是非、くちづさんで下さい

作詞 凛生 作曲 ヨツヤタカヒロ 編曲 塩入俊哉

▲ページの先頭に戻る

2014年2月5日 松原のぶえ 「夫婦坂」発売♪

60作目のシングル作品となる本作は松原のぶえ自身が作詞・作曲を担当!
『夫婦坂』は人生の苦楽を共に過ごした夫婦を松原のぶえ本人が綴った
松原のぶえの人柄溢れる、明るくほのぼのとしたメロディの夫婦演歌です。
作詞 松原のぶえ 作曲 松原のぶえ 編曲 南郷達也

▲ページの先頭に戻る

2014年1月22日 田川寿美 「一期一会」発売♪

田川寿美のシングル。
愛しい人との“運命の出会い”を喜び、そしてその出会いに感謝するというストーリー。
作詞 いではく 作曲 幸耕平 編曲 竜崎孝路

▲ページの先頭に戻る

2014年1月22日 新内枝幸太夫 「新内しぐれ」発売♪

毎年恒例の「総おどり課題曲」を収めたシングル。
本作には、新内枝幸太夫による粋な夫婦ものと、江戸のイナセナ男ものを扱った楽曲を収録。
志賀大介、船村徹の巨頭に異色、舞踊界から歌世界に積極的に乗り出していこうとする意欲作。
枝幸太夫の圧倒的な歌唱力を体感できる1枚。
作詞 志賀大介 作曲 船村徹 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2014年1月22日 岩本公水 「道の駅」発売♪

岩本公水のデビュー20周年 第1弾シングル。
「道の駅」は、オリジナルとしては初となる船村徹による作品。
大人の純愛を描いた“真の正統派演歌”。
比類なき哀愁感を持った船村メロディーに、岩本のファルセットを交えた歌声が融合し
岩本公水の新たな魅力の扉を開いた本作。
  
作詞 さわだすずこ 作曲 船村徹 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

2014年1月22日 大和龍二 「ふるさとの友」発売♪

2008年にデビューした千葉県出身・在住の歌手、大和龍二のシングル。
カップリングには自身作詞の「沈丁花」を収録自身の体験をもとに、気持ちのこもった一曲

作詞 つじ伸一・椿白道 作曲 藤田たかし 編曲 伊戸のりお

▲ページの先頭に戻る

2014年1月15日 走裕介 「夢航路」発売♪

走裕介のデビュー5周年記念シングル。
作曲を恩師・船村徹が手掛けた作品。夢を追いかける男の想いを船村メロディーに乗せてゆったりと唄いあげる「夢航路」
カップリングには自慢の兄貴への想いを祭りの楽しさとともに表現した「兄貴」を収録。 
作詞 たきのえいじ・池田充男 作曲 船村徹 編曲 蔦将包

▲ページの先頭に戻る

過去のマネージャー通信はこちら > >

当社がこれまでコーディネイトを手がけてきた主なアーティスト
音楽 派遣
イベント・コンサート
結婚式・同窓会・パーティー・セレモニー
レコーディング
演奏家以外の派遣
CD製作
個人向け
企業向け
地方公共団体向け


| 会社概要 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ |

Copyright(C) 2004 Akiyama Music Office. All rights reserved.

>